【体験談】私が大人ニキビを克服した3つの方法

MENU

ストレスで睡眠障害、そして10個の大人ニキビが!

私はもともと敏感肌かつ水分量の少ない乾燥肌で、皮膚も非常に薄いので紫外線にも弱いです。

 

それでも10代の頃はニキビも出ず、ケアを気を付けていたので
「綺麗な肌だね」
と言われることが多かったのです.

 

 

しかし、20代後半の頃仕事やプライベートでストレスが積み重なって睡眠障害をおこし、頬やおでこなど顔全体にぶつぶつと大人ニキビが出てしまったことがありました。

 

多い時で10個くらいあったと思います。

 

 

今まで美肌を保ってきたので非常にショックを受け、人と顔を合わせたくないほどに落ち込みました。

 

ニキビを治すためならば出来ることは徹底的にやってやろうと思いました。

 

 

 

スキンケアを改める

今まで使っていた油分の多い化粧水や乳液をすべてやめ、なるべく敏感肌・ニキビ肌に効果のあるものはないかとネットや口コミで探しまくりました。

 

結果、資生堂dプログラムのニキビケアシリーズと、オードムーゲに行きつきました

 

洗顔後にオードムーゲをコットンでパッティングして顔の殺菌をし、その後、Dプログラムの化粧水、乳液、美容液のラインづかいをしました。

 

また、ニキビには昔からの定番であるオロナインを塗っていました。

 

洗顔の仕方も見直し、敏感肌用の洗顔フォームをネットでふわふわに泡立てて優しくダメージを与えないように洗うようにしました。

 

 

 

サプリメントの服用

ニキビ肌によさそうなものは片っ端から飲みまくりました。

 

ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなど一日10錠以上飲むほどサプリ漬けでした。

 

その中で一番効いた気がするのはファンケルのハトムギ入りの「クリアコントロール」という美肌サプリです。

 

出ては引っ込みを繰り返していたニキビがこれを飲み始めてからかなり落ち着いてきました

 

ニキビ対策で有名なチョコラBBも飲みましたが、これはあまり効かなかった気がします。

 

 

 

脱ストレスにやったこと

ニキビ肌の一番の原因は仕事とプライベートでのストレスだと分かっていたので、まず頑張りすぎることをやめました

 

ストレス発散につながるようジム通いでヨガをしたり、マッサージやエステなどリラックスできることを週二のペースでやり、その結果夜もゆっくり眠れるようになりました。

 

 

 

以上の3つを心がけていたら、半年ほどですっかりニキビは出なくなり綺麗な肌になりました。

 

今ではニキビ跡もなく、サプリや化粧品に頼らずとも以前のツルツル肌が復活して嬉しい限りです。

 

 

女性の肌は心と直結しているといわれるほど本当に繊細なものなので、ストレスを溜めず、良質な睡眠をとることが大切だなと思います。

 


実際に使って比較!ニキビ化粧品ランキング

ルナメアの特徴

フィアバースクラブで毛穴のつまりを優しく除去してくれる洗顔。

独自のナノ化技術によって毛穴の内部に有効成分と潤い成分を届けてくれる化粧水。

自然由来の成分がしっかりと保湿してくれるジェルクリーム。


独自技術の「アクネシューター」でニキビを撃退


これらの3点セットが1000円でお試しできます。


価格 1000円
評価 評価5
備考 満足度84%

パルクレールジェルの特徴

最近インスタなどのSNSで話題になり人気がグググーンと急上昇のオールインワンジェルです。 98.8%の美容成分配合で、「薬用」化粧品です。

定期便で申し込むとニキビをしっかりと隠すことができるカラーコントロールがついてきて、さらに49%OFFで購入できますよ。
数々の美容雑誌で1位を獲得し、有名人も使用中のパルクレールジェル。

ぜひお試しあれぇ。


価格 4,980円
評価 評価4.5
備考 永久返金保証書付き

ビーグレンの特徴

ドクターズコスメでお肌の角質層への浸透させる技術が凄いんです。

泡洗顔ではなく、クレイ(泥)洗顔で毛穴の汚れをしっかり吸着。

その後に高濃度ビタミンCをしっかり浸透させるからニキビケアにピッタリ。


ちょっと匂いが独特ですが、慣れれば問題無いです。


4点セットのトライアルが1,800円とちょっと高めですが、試してみる価値はありますよ。


価格 1800円
評価 評価4
備考 365日の返金保証


そのニキビケア間違ってますよ!

思春期ニキビと大人ニキビは違います!


間違ったケア方法をしていては、ニキビは繰り返し出来てしまいます。
もしかしたら、あなたのケア方法は間違っているかもしれません。

この機会に正しいケア方法をしって大人ニキビとさようならしてください。

→大人ニキビの正しいケア方法はこちら