赤ニキビの治し方は?炎症を抑えるための方法

MENU

赤ニキビの治し方は?炎症を抑えるための方法

赤く腫れ上がってしまったニキビはメイクで隠すのも大変ですよね。
触るだけでも痛い赤ニキビをどうやって治せばいいのか?
わからなくて困っている女性も多いと思います。

 

赤ニキビが悪化すると、化膿してさらに大変なことになります。
ここでは、赤ニキビの特徴と治し方についてお話しします。

 

 

赤ニキビとは?

十割生そばの通販

赤ニキビは、白ニキビ、黒ニキビからさらに悪化して炎症を起こして赤くなったニキビのことです。

 

白ニキビの時に毛穴に詰まっていた皮脂が押し出されて空気中に触れると酸化して黒ニキビになります。
黒ニキビから毛穴の中で炎症が起こると、赤くなって腫れや痛みも出てきます。

 

つまり、それが赤ニキビの状態なのです。

 

 

炎症には2パターンある?

 

何らかの影響で炎症して赤くなっているニキビですが、炎症の原因は2つあります。

 

1.雑菌が入って炎症が起こっている

 

黒ニキビは、毛穴の中に埋まっていた白い皮脂が毛穴から押し出されて空気に触れた部分が酸化で黒くなったニキビです。
つまり、皮脂が毛穴から押し出されたということは、毛穴が開いているということです。

 

毛穴が開いていると、外から雑菌が入りやすくなります。
いつも清潔にして、刺激を与えないようにしていればいいのですが、少しでも油断すると毛穴に雑菌が入り炎症を起こして赤く腫れます。

 

 

2.アクネ菌が繁殖して炎症が起こっている

 

毛穴に詰まっている皮脂を押し出すために、さらに毛穴の中に皮脂分泌されるようになります。

 

毛穴が開いているので皮脂は酸化するので過酸化脂質になります。
過酸化脂質はアクネ菌の大好物です。

 

毛穴の中で増え続けている過酸化脂質を目当てにアクネ菌が集まり繁殖し始めます。

 

アクネ菌は、毛穴の中の皮下組織を傷つけながら繁殖を続けていきます。
すると、毛穴の中で炎症が起こり赤ニキビになるのです。

 

 

赤ニキビが悪化するとどうなる?

 

赤ニキビが悪化すると黄ニキビになります。
炎症を起こして赤くなっているうちは、まだ腫れもそこまでひどくありません。
けれども、膿が溜まる黄ニキビになると腫れがひどくなり、皮膚組織も壊されるのでニキビ跡ができやすくなります。

 

そうなる前に、できるだけ早く対策をして悪化を防ぎたいですね。

 

 

赤ニキビになってしまった原因

 

白ニキビから黒ニキビになって、赤ニキビにまで発展してしまったのには、ちゃんと原因があるはずです。
普段の生活の中で、ニキビを悪化させるようなことをしてしまってませんか?
生活習慣などを一度見直すことも大事です。

 

ここでは、赤ニキビにまで発展しまった原因をあげてみます。

 

食生活の乱れ

ファーストフードなどの脂っこいものばかりを食べていると血液中の活性酸素が多くなります
活性酸素で毛穴の中の皮脂が酸化すると、過酸化脂質になるのでアクネ菌がさらに集まりやすくなるので、いつ炎症が起こってもおかしくない状態なのです。

 

 

乾燥肌で皮脂が多い

睡眠不足や生活習慣の乱れ、ストレスなどで肌のターンオーバーがうまくいっていないと、乾燥しやすい肌になります。
乾燥を防ごうとして皮脂が通常より多く分泌されると、毛穴の中の皮脂も増えて炎症が起こりやすい状態になります。

 

 

ホルモンバランスが乱れている

ホルモンバランスが乱れても、オイリーな肌になります。

 

ホルモンバランスが乱れるとはどんな状態なのかわかりますか?
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあります。
エストロゲンは、女性らしい体を作るために美肌や美髪へと導いてくれるホルモンです。

 

エストロゲンがちゃんと分泌されているうちは、肌も潤い皮脂も異常に分泌されることはありません。
しかし、プロゲステロンばかりが分泌されてエストロゲンの分泌量が少なくなると、肌が乾燥しやすくなるのです。

 

肌の乾燥を防ぐために皮脂が異常に分泌されると、オイリー肌になり白ニキビから黒ニキビへと、そして赤ニキビまで、あっという間に悪化していくのです。

 

ホルモンバランスは生理前に乱れることが多いですが、食事や生活習慣に気をつけて、エストロゲンの分泌量を増やすように努力すれば、乱れを防げます。

 

 

赤ニキビの対策方法

 

それでは、具体的な赤ニキビの対策方法をご紹介していきますね。
赤ニキビの炎症を1日も早く鎮められるように心がけていきましょう。

 

 

やってはいけない3つのこと

 

赤ニキビの時は、これ以上悪化しないようにするためにも、次の行為に気をつけましょう。
何気なくやってしまっていることもありますので、わかっていると過信せずチェックしてみてくださいね!

 

・ニキビを潰さない
白ニキビ以外は、絶対にニキビは潰してはいけません。
特に赤ニキビは、炎症を起こして危険な状態なので、無理に潰すと余計に炎症がひどくなって黄ニキビになるかもしれません。

 

・ニキビを触らない
炎症を起こした赤ニキビは、少し腫れてきて凹凸もあるはずです。
凹凸が気になってニキビを触ってしまいたくなる気持ちもわかりますが、触ることで雑菌が毛穴から侵入するかもしれません。
すると、炎症がさらにひどくなるかもしれませんので、なるべくニキビは触らないようにしましょう。

 

 

・摩擦や刺激を与えない
クレンジングや洗顔の時に、赤ニキビをゴシゴシこすったり、タオルで擦るのも厳禁です。
摩擦や刺激で、すぐにでも赤ニキビは悪化するので、スキンケアの時も十分に気をつけましょう。

 

 

赤ニキビの治し方

 

赤ニキビを早く治すにはどうすればいいのか?
効果的な治し方をご紹介します。

 

 

・消炎作用がある薬を塗る
赤ニキビの炎症をまず抑えるために、消炎作用のあるクロルヘキシジングルコン酸塩、グリチルリチン酸塩、カミツレエキスが配合された薬を塗ります。

 

クロルヘキシジングルコン酸塩が多く配合されているのがオロナイン軟膏です。
オロナイン軟膏などの消炎効果のある薬を塗って炎症を鎮めましょう。

 

 

・洗顔料は控えるか低刺激のものにする
赤ニキビの炎症がひどい場合は、しばらく洗顔料の使用を控えるか、低刺激の洗顔料を使いましょう。
界面活性剤や香料、パラベン、スクラブなどが含まれていない固形タイプの洗顔料がおすすめです。

 

いつもの洗顔料で洗顔をしたいなら、赤ニキビの部分を避けて洗いましょう。

 

 

・ビタミンCを補給する
ビタミンCは、肌のターンオーバーを促進して皮膚を正常な状態に促してくれます。

 

ビタミンC誘導体入りのスキンケア化粧品や美容液でビタミンCを補給したり、食べ物やサプリなどでもビタミンCを積極的に摂るようにしましょう。

 

 

いかがでしたか?
内側からも外側からも徹底的にケアをすることで、赤ニキビの炎症は鎮まるはずです。
黄ニキビにまで悪化しないように早急に対策を始めましょう!

実際に使って比較!ニキビ化粧品ランキング

ルナメアの特徴

フィアバースクラブで毛穴のつまりを優しく除去してくれる洗顔。

独自のナノ化技術によって毛穴の内部に有効成分と潤い成分を届けてくれる化粧水。

自然由来の成分がしっかりと保湿してくれるジェルクリーム。


独自技術の「アクネシューター」でニキビを撃退


これらの3点セットが1000円でお試しできます。


価格 1000円
評価 評価5
備考 満足度84%

パルクレールジェルの特徴

最近インスタなどのSNSで話題になり人気がグググーンと急上昇のオールインワンジェルです。 98.8%の美容成分配合で、「薬用」化粧品です。

定期便で申し込むとニキビをしっかりと隠すことができるカラーコントロールがついてきて、さらに49%OFFで購入できますよ。
数々の美容雑誌で1位を獲得し、有名人も使用中のパルクレールジェル。

ぜひお試しあれぇ。


価格 4,980円
評価 評価4.5
備考 永久返金保証書付き

ビーグレンの特徴

ドクターズコスメでお肌の角質層への浸透させる技術が凄いんです。

泡洗顔ではなく、クレイ(泥)洗顔で毛穴の汚れをしっかり吸着。

その後に高濃度ビタミンCをしっかり浸透させるからニキビケアにピッタリ。


ちょっと匂いが独特ですが、慣れれば問題無いです。


4点セットのトライアルが1,800円とちょっと高めですが、試してみる価値はありますよ。


価格 1800円
評価 評価4
備考 365日の返金保証


そのニキビケア間違ってますよ!

思春期ニキビと大人ニキビは違います!


間違ったケア方法をしていては、ニキビは繰り返し出来てしまいます。
もしかしたら、あなたのケア方法は間違っているかもしれません。

この機会に正しいケア方法をしって大人ニキビとさようならしてください。

→大人ニキビの正しいケア方法はこちら