もうニキビを作らない!正しいニキビ予防方法とは?

MENU

もうニキビを作らない!正しいニキビ予防方法とは?

頑固な大人ニキビも、正しく対策すればちゃんと治るのです。
「もう治らないし…。」なんて諦めてませんか?

 

ここでは、ニキビを作らせない肌にするための方法を詳しくお話しします。

 

 

根本的なニキビの改善を!

十割生そばの通販

大人ニキビと思春期ニキビは同じだと思っていませんか?
大人ニキビと思春期ニキビは別物なのです。

 

 

「皮脂が多いからニキビができる。」と言ってしまえばそこまでですよね。

 

皮脂がたくさん出る理由は?何が原因?他に原因はないの?
そこまで考えなければ、正しい対策はできませんよね。

 

正しい対策を知るための第一歩として、大人ニキビと思春期ニキビの違いを知るのは、とても大事なのです。

 

 

大人ニキビと思春期ニキビの違いは?

 

大人ニキビと思春期ニキビの違いを何となく知っていても、原因やメカニズムの違いまで理解していなければ、正しい対策はできません。
ここでは、大人ニキビと思春期ニキビのそれぞれの原因とメカニズムについてお話しします。

 

思春期ニキビの原因とメカニズム

 

思春期ニキビは、簡単にいうと10代にできるニキビです。
思春期は、12歳から18歳くらいまでのことで、大人の体になるために体内でいろんな変化が起こっている時期でもあります。

 

男性らしい体、女性らしい体になるために、多く分泌されるのが成長ホルモンです。

 

思春期の頃の肌は、男女問わずにオイリーですよね?
それは皮脂が多く分泌されているからです。

 

成長ホルモンが多く分泌されると、皮脂腺が刺激を受けて皮脂が多く分泌されるようになります。
すると毛穴につまった皮脂を餌にしてアクネ菌が繁殖して、思春期ニキビができてしまうのです。

 

男性らしい体、女性らしい体が確立される成人までには、成長ホルモンの分泌は安定して皮脂分泌も少なくなり、ニキビが減ってくるのです。

 

 

大人ニキビの原因とメカニズム

 

大人ニキビは、成人してからできるニキビです。
原因は2つあって、ターンオーバーの乱れ肌の内側の乾燥による皮脂の異常分泌があります。

 

ターンオーバーが乱れたり、肌の内側が乾燥する原因は、いろいろあるのでわかりにくかったりします。

 

よくある原因が「不規則な生活習慣」「乱れた食生活」「ストレス」「ホルモンバランスの乱れ」「間違ったスキンケア」「運動不足」などですね。

 

これらの原因により肌の新陳代謝が低下するとターンオーバーが遅くなり、古い角質から新しい角質への生まれ変わりがうまくいかなくなります。
すると、古い角質が毛穴につまりやすくなってニキビができてしまうのです。

 

また、ターンオーバーが早くなっても問題です。

 

本来まだ肌の内側に存在するべき細胞が肌の表面に未熟なまま押し上げられてしまうために、バリア機能が不完全で乾燥しやすい肌になるのです。
バリア機能が低下すると、肌の本来の保湿力も下がるので乾燥しやすい肌になります。

 

すると、乾燥を防ぐために皮脂がたくさん分泌されて、毛穴につまった皮脂を餌にアクネ菌が集まることでニキビができてしまうのです。

 

 

ニキビ改善のために知っておきたいターンオーバーのこと

 

肌のターンオーバーの話は、あちこちでよく耳にしますよね。
大人ニキビを改善するためには、ターンオーバーの知識を深めなければいけません。

 

ターンオーバーが遅いと古い角質がたまり、ターンオーバーが早いと乾燥肌になって皮脂が多く分泌され、いずれも大人ニキビを作る原因になるのです。

 

肌のターンオーバーとは?

 

肌のターンオーバーとは、古い皮膚細胞が新しい皮膚細胞に生まれ変わることです。

 

 

ちょっと詳しくお話しすると、皮膚は表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層でできています。

 

さらに「表皮」には内側から順に「基底層」「有棘層」「顆粒層」「角質層」の4層があり「角質層」が肌の一番表面にあるのです。
肌のターンオーバーは、一番表面にある「表皮」の4層で繰り返されています。

 

「表皮」の「基底層」から「角質層」へと新しい細胞が押し上げられると、表面にあった古い細胞は垢となって自然に剥がれ落ちます。
つまり、この作業をターンオーバーといい、正常であれば28日サイクルで繰り返されているのです。

 

だけど、サイクルは年齢を重ねるごとに遅くなっていくのです。
10代では約20日、20代では約28日、30代では約40日、40代では約55日とだんだん差が出てきます。
なんだか悲しい事実ですが、受け入れて対策するしかありません…。

 

 

食生活でターンオーバーを正常にしよう!

 

ニキビを改善したいならターンオーバーサイクルを整えることですね。

 

年齢とともに遅くなったターンオーバーサイクルを促進したり、間違ったスキンケアなどが原因で早くなってしまったターンオーバーサイクルを正常にするには、食生活が大事です。
次に紹介する栄養素を積極的に摂れば、ターンオーバーを正常化してニキビができない肌になります。

 

・ビタミンA
紫外線やターンオーバーの乱れによって傷んだ皮膚を修復してくれます。
人参やカボチャ、うなぎやレバーなどを積極的に食べましょう!

 

・ビタミンB群
皮膚や粘膜を正常に保つビタミンB群を摂れば乾燥肌に悩むこともありません。
豚肉や卵、チーズ、カツオやマグロなどを積極的に摂るようにしましょう。

 

 

・ビタミンC
コラーゲン生成を助けて、肌のターンオーバーを正常にするためにはビタミンCが必要です。
レモン、キウイフルーツ、オレンジ、ブロッコリー、キャベツなどを積極的に食べましょう。

 

・ビタミンE
血行を促進して新陳代謝を上げてくれるのがビタミンEです。
ナッツ類やアボガド、ピーマンなどに多く含まれています。

 

・亜鉛
新陳代謝を活性化してターンオーバーを正常に保ってくれるのが亜鉛です。
亜鉛は、牡蠣や牛肉などに多く含まれています。

 

 

ニキビ対策のための正しいスキンケア方法とは?

 

ニキビレスな肌を目指すなら、ターンオーバーサイクルを整えること。
そのためには、正しいスキンケアがかなり重要なのです。

 

 

洗顔の注意点

 

念入りな洗顔は、肌のターンオーバーを早める原因になります。
肌の表面には古い角質がたまっていますが、それがバリア層となって肌を守ってくれているのです。
バリア層になってくれている古い角質まで念入りな洗顔で落としてしまうと、保湿力までなくなり乾燥肌になります。

 

肌の乾燥が進むと、乾燥を防ごうとしてさらに皮脂の分泌が盛んになります。
その皮脂を落とすために、また念入りな洗顔をするという悪循環にはまっていくのです。

 

化粧水と乳液のタイミング

 

洗顔後は、すぐに化粧水で肌を保湿しましょう。
しっかりと保湿すれば、ターンオーバーサイクルも正常化できます。

 

洗顔後は、肌が温まり汚れもないため毛穴が開いた状態になっています。
すると、肌の水分も蒸発しやすくなり急速に乾燥します。

 

肌の内部の水分が蒸発する前に化粧水で保湿をして、さらに素早く乳液をして毛穴をふさいでしまいましょう。

 

このタイミングを守ることで、洗顔後の乾燥を防ぎ、完全な保湿ができます。

 

いかがでしたか?
大人ニキビの改善のポイントは「ターンオーバーを正常化すること」です。
思春期ニキビと大人ニキビの違いを知った上で、ターンオーバーを正常化するためのポイントを押さえて、根本的なニキビ改善に向けていきましょう。

実際に使って比較!ニキビ化粧品ランキング

ルナメアの特徴

フィアバースクラブで毛穴のつまりを優しく除去してくれる洗顔。

独自のナノ化技術によって毛穴の内部に有効成分と潤い成分を届けてくれる化粧水。

自然由来の成分がしっかりと保湿してくれるジェルクリーム。


独自技術の「アクネシューター」でニキビを撃退


これらの3点セットが1000円でお試しできます。


価格 1000円
評価 評価5
備考 満足度84%

パルクレールジェルの特徴

最近インスタなどのSNSで話題になり人気がグググーンと急上昇のオールインワンジェルです。 98.8%の美容成分配合で、「薬用」化粧品です。

定期便で申し込むとニキビをしっかりと隠すことができるカラーコントロールがついてきて、さらに49%OFFで購入できますよ。
数々の美容雑誌で1位を獲得し、有名人も使用中のパルクレールジェル。

ぜひお試しあれぇ。


価格 4,980円
評価 評価4.5
備考 永久返金保証書付き

ビーグレンの特徴

ドクターズコスメでお肌の角質層への浸透させる技術が凄いんです。

泡洗顔ではなく、クレイ(泥)洗顔で毛穴の汚れをしっかり吸着。

その後に高濃度ビタミンCをしっかり浸透させるからニキビケアにピッタリ。


ちょっと匂いが独特ですが、慣れれば問題無いです。


4点セットのトライアルが1,800円とちょっと高めですが、試してみる価値はありますよ。


価格 1800円
評価 評価4
備考 365日の返金保証


そのニキビケア間違ってますよ!

思春期ニキビと大人ニキビは違います!


間違ったケア方法をしていては、ニキビは繰り返し出来てしまいます。
もしかしたら、あなたのケア方法は間違っているかもしれません。

この機会に正しいケア方法をしって大人ニキビとさようならしてください。

→大人ニキビの正しいケア方法はこちら