ランキングを参考に!ニキビケアのための化粧水の選び方とは?

MENU

ランキングを参考に!ニキビケアのための化粧水の選び方とは?

ニキビケアのための化粧水は、ランキングを参考にすると探しやすいです。
大人ニキビには、どんな化粧水が良いのかがある程度つかめてきます。

 

けれども、ランキング上位だからといって、何も調べず飛びつくのは危険です。
ここでは、ニキビケアのための化粧水の選び方について、詳しくお話ししていきますね。

 

化粧水はランキングを参考に選んだ方がいい?

 

ニキビケアのための化粧水ランキングをたくさん見かけますよね。

 

しかし、本当に参考にしていいのか迷うこともあるでしょう。
私の場合は、迷うどころか疑ってもいました。

 

「本当にランキングを信用してしまっていいのか?」と…。

 

ニキビケアの化粧水ランキングから分析する

ニキビケア化粧水のランキングは、すべてを鵜呑みにするのではなく、参考にする程度にしましょう。

 

「どんな化粧水が上位に来ているのか?」
「どんな成分が入っていて、どんな効果があるのか?」

 

などを参考にして、大人ニキビに効果がある化粧水の分析を進めていくといいですよ!
だんだん、どんな化粧水がいいのかがわかってきます。

 

 

大人ニキビと思春期ニキビは違う

ニキビケアと言っても、大人ニキビと思春期ニキビではケア方法が違います

 

大人ニキビの化粧水ランキングを見なくてはいけません。
でも、大人ニキビと思春期ニキビの違いを知っていますか?

 

ここでは、大人ニキビと思春期ニキビの違いをお話しします。

 

大人ニキビ

大人ニキビは成人してからできるニキビです。

 

ニキビができる原因は、最終的には皮脂分泌ですが、皮脂を分泌させてしまう原因が、大人ニキビと思春期ニキビでは違います。

 

生活習慣や食生活の乱れ、ホルモンバランスの崩れによって、肌のターンオーバー周期が遅れます。
(古い角質が新しい角質に生まれ変わることを肌のターンオーバーと言います。)

 

古い角質がうまく排出されなければ、肌の表面に残ります。
すると、肌が乾燥しやすくなり、乾燥を防ごうとして皮脂がたくさん分泌されるのです。

 

それによって、古い角質と皮脂が毛穴に詰まりやすくなりニキビができるのです。

 

 

思春期ニキビ

思春期ニキビは、成人するまでにできるニキビです。
成人する前に、だんだんニキビはできなくなります。

 

思春期ニキビは、成長段階で成長ホルモンが分泌されるときに、男性ホルモンを刺激して皮脂が増えるのが原因です。

 

男性ホルモンは、男性の中にも女性の中にもあります。
男性の中にはあるのは当たり前ですが、女性の中にもあるのは驚きですね!

 

皮脂が多くなると、汚れが皮脂とともに毛穴に詰まりやすくなりニキビができます

 

 

ニキビケア化粧水を選ぶ前に知っておきたい3つのこと

さて、いよいよニキビケアのための化粧水を選んでいきますが、その前に知っておきたい3つのことをご紹介します。

 

しっかりとチェックしておいてくださいね!

 

化粧水の役割を知ろう!

化粧水は、肌に水分を与えながらキメを整えるためのアイテムです。

 

水をそのまま肌につけても、肌は潤いませんよね。
けれども、水にグリセリンやエタノール、保湿成分などを混ぜることで水分が肌に浸透しやすくなります。

 

つまり、それが化粧水なのです。
化粧水は、肌に水分を与えるだけではなく、肌のキメを整えて柔らかくする働きもあります。

 

特に、大人の肌は保湿成分が減っていく一方なので潤い不足です。
乾燥を防ぐためのニキビケアアイテムとして、化粧水はかなり重要な存在なのです。

 

 

大人ニキビに必要な成分を知ろう!

化粧水の重要さを知ったら、今度は含まれる成分についても知っていきましょう。

 

大人ニキビに必要な成分は、次のとおりです。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、皮膚の真皮層で水分を抱え込んで潤いを保つ成分です。

 

皮膚には、一番表面に「表皮」、次が「真皮」、その奥が「皮下組織」とあって3層でできています。
真皮には、コラーゲンやエラスチンも存在していて、その間に挟まって水分を抱え込んでいるのがヒアルロン酸です。

 

なんとヒアルロン酸は、1gで6Lもの水分を抱え込むすごい保湿成分なのです。

 

 

アミノ酸

肌にはN.M.Fという天然保湿因子が存在します。
その天然保湿因子の半分以上がアミノ酸でできています

 

実は、コラーゲンもアミノ酸が原料なので不足すると生成されないのです。
ハリを保つためにも、保湿のためにもアミノ酸は不可欠な成分です。

 

 

セラミド

セラミドは、肌の表面側の「表皮」の中に存在する保湿成分です。

 

「表皮」の中には約0.02mmの「細胞間脂質」という層があります。
セラミドは、その「細胞間脂質」の約半分を占める成分で、水分を吸収しているスポンジのような成分です。

 

 

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、シミやそばかす対策のための成分でもありますが、コラーゲン生成を促す作用もあります。

 

コラーゲンだけ補給していても、ビタミンCが不足しているとコラーゲンは生成されないのです。

 

 

以上の成分が配合された化粧水を選ぶと、大人ニキビ対策ができますよ!

 

 

ノンアルコールの化粧水を選ぼう!

大人ニキビケアで重要なのは、とにかく保湿です。

 

しかし、保湿をしていても乾燥させるようなことをしていると、せっかくの保湿も台無しになります。

 

アルコールが入った化粧水は、肌の水分も一緒に空気中へと蒸発させてしまう作用もあるので注意しましょう。
肌を乾燥させてしまいます。

 

 

以上が、大人ニキビケアのための化粧水を選ぶ前に、おさえておきたいポイント3つです。
しっかりとおさえておきましょう!

 

 

ターンオーバーとニキビ改善の関係性

 

大人ニキビケアを心がけていくのなら、肌のターンオーバーについても知っておいた方がいいですね。

 

ニキビケアのために新しい化粧水を使ってみたけど、「イマイチ効果が感じられない…」と思ったことはありませんか?
そんな時こそ、肌のターンオーバーの知識が必要なのです!

 

 

肌のターンオーバーとは?

皮膚には、一番表面に「表皮」、次が「真皮」、その奥が「皮下組織」と3層でできています。

 

皮膚細胞の生まれ変わりは「表皮」で繰り返されています。
つまり、「表皮」で繰り返されている皮膚細胞の生まれ変わりを肌のターンオーバーというのです。

 

古い皮膚細胞が排出されて、新しい皮膚細胞に生まれ変わる1サイクルは、通常は28日間です。
正常な肌のターンオーバー周期は28日ということです。

 

 

化粧水を一ヶ月使い続けた方がいい理由とは?

ニキビケアのために新しい化粧水を使い始めたら、一ヶ月は様子を見た方がいいのは、肌のターンオーバー周期が関係しています。

 

肌のターンオーバー周期は約28日間ですから、一ヶ月程度になります。

 

古い皮膚細胞が新しい皮膚細胞に生まれ変わるのは28日はかかるのですから、新しい化粧水の効果が感じられるのは、最低でも28日間かかることになります。

 

肌のターンオーバー周期に従って、すぐに効果を求めるのではなく、約一ヶ月程度は様子を見るようにしましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

大人ニキビの原因や対策の為の知識をしっかりと付けてから、ランキングを参考にしながら化粧水選びをすると、失敗しないはずですよ!

実際に使って比較!ニキビ化粧品ランキング

ルナメアの特徴

フィアバースクラブで毛穴のつまりを優しく除去してくれる洗顔。

独自のナノ化技術によって毛穴の内部に有効成分と潤い成分を届けてくれる化粧水。

自然由来の成分がしっかりと保湿してくれるジェルクリーム。


独自技術の「アクネシューター」でニキビを撃退


これらの3点セットが1000円でお試しできます。


価格 1000円
評価 評価5
備考 満足度84%

パルクレールジェルの特徴

最近インスタなどのSNSで話題になり人気がグググーンと急上昇のオールインワンジェルです。 98.8%の美容成分配合で、「薬用」化粧品です。

定期便で申し込むとニキビをしっかりと隠すことができるカラーコントロールがついてきて、さらに49%OFFで購入できますよ。
数々の美容雑誌で1位を獲得し、有名人も使用中のパルクレールジェル。

ぜひお試しあれぇ。


価格 4,980円
評価 評価4.5
備考 永久返金保証書付き

ビーグレンの特徴

ドクターズコスメでお肌の角質層への浸透させる技術が凄いんです。

泡洗顔ではなく、クレイ(泥)洗顔で毛穴の汚れをしっかり吸着。

その後に高濃度ビタミンCをしっかり浸透させるからニキビケアにピッタリ。


ちょっと匂いが独特ですが、慣れれば問題無いです。


4点セットのトライアルが1,800円とちょっと高めですが、試してみる価値はありますよ。


価格 1800円
評価 評価4
備考 365日の返金保証


そのニキビケア間違ってますよ!

思春期ニキビと大人ニキビは違います!


間違ったケア方法をしていては、ニキビは繰り返し出来てしまいます。
もしかしたら、あなたのケア方法は間違っているかもしれません。

この機会に正しいケア方法をしって大人ニキビとさようならしてください。

→大人ニキビの正しいケア方法はこちら