黄ニキビの治し方は?化膿を抑えるための方法

MENU

黄ニキビの治し方は?化膿を抑えるための方法

ニキビの最終段階が黄ニキビです。
黄色い膿が毛穴に詰まって化膿しているので、かなり痛みもあります。

 

思い切って膿を出してしまえば、楽になるかも…なんて思いますが、余計に悪化してしまうんですよね。

 

悪化すると、目立つニキビ跡が残るので早急に対処しなくてはいけません。

 

ここでは、黄ニキビの特徴と治し方をご紹介します。

 

 

黄ニキビとは?

十割生そばの通販

黄ニキビとは、化膿しているニキビのことです。
見ているだけでも痛そうで、熱を持つこともあります。

 

赤ニキビの時はアクネ菌の仕業による炎症だけでしたが、そこに黄色ブドウ球菌が加わって、さらに炎症がひどくなります。

 

化膿すると、ニキビ周辺の皮膚組織がどんどん壊されていくので、ニキビ跡が残る可能性もかなり高いのです。

 

 

なぜ膿が発生するの?

 

赤ニキビから、どうやって膿が発生するのかがすごく気になりませんか?
できるだけ、黄ニキビまで悪化しないようにするためにも、膿が発生するメカニズムを知っておきましょう。

 

「そのうち治るだろう。」と軽く考えていると知らない間に悪化して大変なことになります。

 

黄ニキビに悪化する過程を知って、正しく対処できるといいですね。

 

赤ニキビの時は、アクネ菌と黄色ブドウ球菌による炎症が起こっているだけです。
しかし、アクネ菌も黄色ブドウ球菌も皮脂を餌にして、どんどん増え続けると、血液中の白血球がアクネ菌と黄色ブドウ球菌を察知し、消滅させるために食べてしまうのです。
食べてしまった後、今度は白血球も死んでしまいます。
つまり、その死骸が膿なのですね。

 

 

このように白血球は、人間の体に異物が入った時にやっつけにいくのです。
免疫力が高いというのは、白血球の働きが強いことを言うのです。

 

 

黄ニキビは絶対に跡が残る?

 

化膿した黄ニキビは、クレーター状や色素沈着したニキビ跡が残る可能性がかなり高いです。
一体どのようにしてニキビ跡が残るのかを詳しくお話ししますね。

 

 

凹凸が残るのはなぜ?

 

白血球は、ニキビの炎症の原因になっているアクネ菌と黄色ブドウ球菌を殺すために攻撃をします。
その時に、ニキビの患部の周りの皮膚組織を壊して、これ以上炎症の範囲を広げないようにします。

 

皮膚組織が壊されると、たとえニキビが治ったとしても凸凹が残るのです。
つまりそれが、凸凹のクレーター状ニキビ跡ができるメカニズムなのです。

 

 

色素沈着することもある?

 

黄ニキビのニキビ跡は凸凹のクレーター状のものだけではありません。
それに加えて、赤や紫などの色素沈着が残ることもあります。

 

色素沈着の原因は、血液中のヘモグロビンです。
ヘモグロビンは、血液中の赤血球の色素のことです。

 

黄ニキビになると、膿が発生しますね。
血液中の白血球は、ニキビの炎症の原因になっているアクネ菌と黄色ブドウ球菌を攻撃した後、自分も死ぬ習性を持っています。
膿は、その死骸が含まれた液体なのです。

 

白血球がアクネ菌と黄色ブドウ球菌を攻撃するとき、これ以上炎症の範囲が広がらないようにと、周りの皮膚組織を壊していきます。

 

その時に、周りの皮膚組織の毛細血管も破壊されて血が出ます。
その血液中のヘモグロビンが皮膚組織に染み込んで残ったものが色素沈着なのです。

 

 

黄ニキビの対策方法

 

ニキビの最終段階の黄ニキビに立ち向かうにはどうすればいいのでしょうか?
黄ニキビの対策方法についてお話しします。

 

 

黄ニキビは皮膚科で治そう!

 

黄ニキビまで行くと、自分で治療するのは大変です。
腫れて熱を持っていたり、膿がなかなか治らないのなら、早めに皮膚科に行くようにしましょう。

 

黄ニキビは重症になるほど、白血球によって皮膚組織が壊されていくのでニキビ跡が残る可能性が高くなります。

 

 

皮膚科では、まず抗生物質を使って化膿を抑えてくれます。
自己流の治療では、なかなか化膿を鎮めることができません。

 

化膿を鎮めない限り、黄ニキビは治りませんから、とにかく早く皮膚科で診てもらいましょう。

 

 

皮膚科で行なわれる黄ニキビの治療方法

 

皮膚科でのニキビ治療法の内容が気になりませんか?
ここでは、皮膚科で主に行なわれている黄ニキビの治療方法を3つご紹介します。

 

 

・抗生物質で化膿を抑える
まずは、化膿を抑えるために抗生物質が使われます。
特に化膿がひどい場合は、テトラサイクリン、エリスロマイシン、ミノサイクリンなどが使われます。

 

この3種類は強い抗生物質なので、すぐにニキビの炎症も化膿も治まります。

 

・ステロイド剤の注射
かなり炎症がある場合は、ケナコルドというステロイド剤を注射で投与します。
ケナコルドの効き目は強く、大体1日程度で炎症が鎮まります。

 

 

・漢方薬による治療
西洋医学ではなく東洋医学でニキビの化膿を鎮める治療方法もあります。
黄ニキビになると完治するまで時間がかかります

 

西洋医学では、抗生物質やステロイド剤を使って、とにかく早く炎症や化膿を鎮めることが優先されます。
東洋医学では、時間をかけてじっくり治すことに重点が置かれています。

 

かなりひどい黄ニキビになると、たとえ炎症や化膿が治っても、また再発したり完全に治るまでに時間がかかります。
漢方薬は、完全に治るまでじっくりと治療してくれる副作用が少ない薬なのです。

 

ニキビ治療に使われる漢方薬は何種類かあります。
黄ニキビに使われるのは「清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)」と「十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)」です。

 

「清上防風湯」は、腫れているニキビ、化膿が治らないニキビの炎症を抑えて回復に向けていきます。

 

「十味敗毒湯」は、なかなか毛穴から出ない膿を出して、炎症と化膿を少しずつ鎮めて行ってくれます。

 

ニキビの状態によって使われる漢方薬が違いますが、医師の判断に従って飲みましょう。

 

漢方薬はあくまでもサポート的な治療薬になります。
ニキビの炎症や化膿がひどい場合は、西洋医学の治療が優先されます。

 

いかがでしたか?
黄ニキビを治すポイントは、何よりもまず化膿を鎮めることです。
化膿を食い止めれば、皮膚組織が侵されるのも防げるのでニキビ跡が残る可能性が低くなります。

 

膿が出てきたら自分で治そうとするのではなく、すぐに皮膚科に行くことです。
凸凹のニキビ跡はメイクで隠すのが大変ですから、取り返しがつかなくなる前に早めに対処しましょう!

実際に使って比較!ニキビ化粧品ランキング

ルナメアの特徴

フィアバースクラブで毛穴のつまりを優しく除去してくれる洗顔。

独自のナノ化技術によって毛穴の内部に有効成分と潤い成分を届けてくれる化粧水。

自然由来の成分がしっかりと保湿してくれるジェルクリーム。


独自技術の「アクネシューター」でニキビを撃退


これらの3点セットが1000円でお試しできます。


価格 1000円
評価 評価5
備考 満足度84%

パルクレールジェルの特徴

最近インスタなどのSNSで話題になり人気がグググーンと急上昇のオールインワンジェルです。 98.8%の美容成分配合で、「薬用」化粧品です。

定期便で申し込むとニキビをしっかりと隠すことができるカラーコントロールがついてきて、さらに49%OFFで購入できますよ。
数々の美容雑誌で1位を獲得し、有名人も使用中のパルクレールジェル。

ぜひお試しあれぇ。


価格 4,980円
評価 評価4.5
備考 永久返金保証書付き

ビーグレンの特徴

ドクターズコスメでお肌の角質層への浸透させる技術が凄いんです。

泡洗顔ではなく、クレイ(泥)洗顔で毛穴の汚れをしっかり吸着。

その後に高濃度ビタミンCをしっかり浸透させるからニキビケアにピッタリ。


ちょっと匂いが独特ですが、慣れれば問題無いです。


4点セットのトライアルが1,800円とちょっと高めですが、試してみる価値はありますよ。


価格 1800円
評価 評価4
備考 365日の返金保証


そのニキビケア間違ってますよ!

思春期ニキビと大人ニキビは違います!


間違ったケア方法をしていては、ニキビは繰り返し出来てしまいます。
もしかしたら、あなたのケア方法は間違っているかもしれません。

この機会に正しいケア方法をしって大人ニキビとさようならしてください。

→大人ニキビの正しいケア方法はこちら