オイルがいい?ニキビケアのためのクレンジングの選び方とは?

MENU

オイルがいい?ニキビケアのためのクレンジングの選び方とは?

洗顔の前のクレンジングも、ニキビケアにとってすごく大事です。

 

洗顔でちゃんとニキビケアができていても、クレンジングを間違っていたら、その努力も水の泡ですね。

 

クレンジングで肌を傷めたりニキビを作りやすくしてしまっている可能性もあります。

 

ここでは、大人ニキビケアのためのクレンジングの選び方をご紹介します。

 

 

ニキビケアにはオイルクレンジングがいい?

 

ニキビケアのクレンジング剤で人気のオイルクレンジング

 

「オイルなのに、本当にニキビケアになるの?」と心配する声も多くあがっているみたいです。

 

確かにクレンジグ効果は抜群のオイルクレンジングですが、ニキビケアの効果は賛否両論です。

 

ここでは、ニキビケアから見たオイルクレンジングの特徴をお話しします。

 

オイルだから汚れが落ちるのが早い!

メイクの原料にはほとんど油分が含まれています。

 

オイルは、メイクの油分や肌の皮脂と馴染みやすいので汚れが浮きやすく、少しの時間で汚れを落とせるのがメリットです。

 

肌への刺激を最小限に抑えられます。

 

 

すべりがいいので肌に刺激を与えない

オイル自体もすべりを良くする効果がありますし、そこに界面活性剤も含まれているので、さらにすべりが良くなります。

 

すべりがいいとクレンジングの時の肌への摩擦が軽くなりますね。

 

界面活性剤は洗浄力をアップさせる働きもあるので、摩擦を軽減しながら汚れを落としてくれます。

 

しかし、石油系の合成界面活性剤は刺激があるので要注意です。

 

 

オイルが残るからニキビの原因になりやすい

オイルクレンジングは汚れが本当によく落ちるのですが、洗い流すのが少々大変です。

 

油分は、水分ではなかなか落ちませんよね。

 

お湯だったらまだ落ちやすいかもしれませんが、水で洗い流すとオイルが肌に残る可能性があります。

 

オイルが肌に残ると、皮脂と同じように毛穴に詰まってニキビができやすくなります

 

 

このようにオイルクレンジングにはメリットもあれば、デメリットもあります。

 

ですから、オイルクレンジングだけにこだわるのではなく、ニキビケアのためのクレンジングのポイントをつかみましょう!

 

ポイントをつかめば、クレンジング選びもすごく楽になりますよ。

 

 

ニキビケアにオススメなクレンジングとは?

大人ニキビを予防するためのクレンジング剤は、どんな条件を満たしていればいいのか?
ここで詳しくご説明します。

 

 

ニキビケアのためのクレンジングの条件とは?

 

ニキビケアのためにクレンジング剤を選ぶのなら、次の4点を満たしているかを確認しなければいけません。

 

 

  • 短時間で素早く落とせる

短時間で汚れが落とせるクレンジングなら、忙しい人でもちゃんとクレンジングできてニキビ予防になります。

 

  • 肌への摩擦が少ない

短時間で汚れが落ちることに加えて、摩擦も少ないクレンジングなら、肌を傷めず乾燥肌を防げます。
乾燥すると、さらに大人ニキビはできやすくなりますからね。

 

  • クレンジング剤が肌に残らない

クレンジング剤がしっかり落とせるものがベストです。
メイク汚れをしっかり落とせても、クレンジング剤が肌に残ると、それがニキビの原因になります。

 

  • 低刺激

刺激物があまり入っていない低刺激なクレンジング剤を選びましょう。
刺激を与え続けることで乾燥肌になり、大人ニキビができやすくなります。

 

 

 

低刺激なクレンジングのポイントとは?

ニキビケアのクレンジング選びで大切な4つの条件の中に「低刺激」とありますが、一体どのような成分が刺激物になるのか?
それをここで詳しくお話ししますね。

 

低刺激クレンジングとは、どんなクレンジングのことを言うのかを、刺激になる成分の説明を加えながらお話しします。

 

合成界面活性剤

界面活性剤は、混ざり合いにくい水分と油分を混ぜ合わせるために使われる成分です。
天然のものもあれば、合成のものもあります。

 

天然は「レシチン」や「ペプチド」「サポニン」などが使われることが多いです。

 

合成では石油系の原料を使われるため、洗浄力は高いけれども、かなり肌に悪いのです。

 

合成界面活性剤が入ったクレンジングを使い続けると、肌のバリア機能が低下して乾燥肌をまねきます
乾燥肌は大人ニキビの原因になるので、かなり危険です。

 

 

鉱物油

鉱物油の原料は、石油です。
スキンケア化粧品に含まれていることが多い鉱物油には、肌に膜をはって保護する役割があります。

 

天然の油分に比べると、かなり落ちにくいので肌に残る可能性が高いです。
クレンジング剤に鉱物油が含まれていると、洗い流した後がさっぱりしないので、洗顔が念入りになってしまう可能性があります。

 

念入りな洗顔は、肌に刺激を与えてバリア機能を低下させるので、大人ニキビができやすくなります。

 

 

アルコール

アルコールが入っていると、肌の水分を蒸発させるので肌を乾燥させてしまいます
また、アルコールは刺激があるので、使い続けると肌を傷めてしまいます。

 

 

大人ニキビにいいクレンジングとは?

 

結論的に、大人ニキビケアになるのは、どんなクレンジングなのか?
クレンジングのタイプ別に特徴をお話ししながら、分析していきましょう。

 

クレンジングの4種類

オイルタイプ

《メリット》
メイクや皮脂がなじみやすく、すぐに汚れを落とせます。

 

《デメリット》
肌にオイルが残ったり、合成界面活性剤の刺激で肌を傷めることがあります。

 

 

ミルクタイプ

《メリット》
乳液のように優しいテクスチャーなので低刺激です。

 

デメリット》
洗浄力が弱いので、メイクが濃いと汚れが残る可能性があります。

 

 

クリームタイプ

《メリット》
水分と油分のバランスがよく肌への刺激も少ないです。

 

《デメリット》
クリームとともに汚れが肌に残る可能性が高いです。
拭き取る場合は、拭き取りの時に摩擦で刺激を与えてしまいます。

 

 

ジェルタイプ

《メリット》
汚れを浮かせてから包みこむジェルタイプは肌に優しいです。

 

《デメリット》
オイル成分でできたジェルクレンジングは、洗浄力が強いので、毎日使うと刺激で肌を傷めます。

 

 

拭き取りタイプ

《メリット》
どこでもすぐにクレンジングできる上に、汚れもちゃんと落ちるので便利です。

 

《デメリット》
アルコールや防カビ剤が入っているので刺激が強いです。
さらには、拭き取りの時に刺激を与えてしまいます。

 

 

 

メイクによってクレンジングを使い分けよう!

どのクレンジングにも、メリットとデメリットがあるので、ひとつに決めるのは難しいと思います。

 

ニキビケアを徹底するのであれば、いくつかのタイプのクレンジングを使い分けることです。

 

汚れがひどい時(メイクが濃い時)はオイルクレンジングにして、普段はクリームやミルクタイプにするなど、工夫をすれば汚れを落としながら低刺激なクレンジングができますね!

 

 

いかがでしたか?

 

大人の肌は、様々な事情によってコンディションが変化しやすいです。

 

そうした変化に対応するためにも、オイルクレンジングだけにこだわらず、いくつかのクレンジングを使い分けるようにしましょう。

実際に使って比較!ニキビ化粧品ランキング

ルナメアの特徴

フィアバースクラブで毛穴のつまりを優しく除去してくれる洗顔。

独自のナノ化技術によって毛穴の内部に有効成分と潤い成分を届けてくれる化粧水。

自然由来の成分がしっかりと保湿してくれるジェルクリーム。


独自技術の「アクネシューター」でニキビを撃退


これらの3点セットが1000円でお試しできます。


価格 1000円
評価 評価5
備考 満足度84%

パルクレールジェルの特徴

最近インスタなどのSNSで話題になり人気がグググーンと急上昇のオールインワンジェルです。 98.8%の美容成分配合で、「薬用」化粧品です。

定期便で申し込むとニキビをしっかりと隠すことができるカラーコントロールがついてきて、さらに49%OFFで購入できますよ。
数々の美容雑誌で1位を獲得し、有名人も使用中のパルクレールジェル。

ぜひお試しあれぇ。


価格 4,980円
評価 評価4.5
備考 永久返金保証書付き

ビーグレンの特徴

ドクターズコスメでお肌の角質層への浸透させる技術が凄いんです。

泡洗顔ではなく、クレイ(泥)洗顔で毛穴の汚れをしっかり吸着。

その後に高濃度ビタミンCをしっかり浸透させるからニキビケアにピッタリ。


ちょっと匂いが独特ですが、慣れれば問題無いです。


4点セットのトライアルが1,800円とちょっと高めですが、試してみる価値はありますよ。


価格 1800円
評価 評価4
備考 365日の返金保証


そのニキビケア間違ってますよ!

思春期ニキビと大人ニキビは違います!


間違ったケア方法をしていては、ニキビは繰り返し出来てしまいます。
もしかしたら、あなたのケア方法は間違っているかもしれません。

この機会に正しいケア方法をしって大人ニキビとさようならしてください。

→大人ニキビの正しいケア方法はこちら