どっちがおすすめ?ニキビ薬と化粧品の使い分け方

MENU

どっちがおすすめ?ニキビ薬と化粧品の使い分け方

大人ニキビがあまりにもひどい時は、塗り薬も必要ですね。
赤く腫れたニキビも、薬を塗ればすぐに治ることもあります。

 

スキンケア化粧品でのニキビケアも大事です。
できれば、どちらの対策もニキビの状態に応じて、臨機応変にできるといいですね。

 

ここでは、ニキビ薬とスキンケア化粧品でのニキビケアについて詳しくお話しします。

 

 

 

ニキビ薬は効き目があるの?

 

ニキビ薬は効き目があります。
けれども、塗るタイミングによって効き目が変わります

 

例えば、炎症がひどくて赤くなったニキビ、膿が出て黄色くなったニキビに、塗り薬はよく効きますよ!

 

 

ニキビ薬には使うタイミングがある!

ニキビ薬のことを、まだあまり知らなかった時は「塗るタイミング」を間違っていたのか、効き目がないと感じたことがありました。

 

けれども、最近は「塗るタイミング」がわかってきたので、ニキビはひどくならずにおさまるようになりました。
塗り薬は、炎症が起こってから塗ると効果的です。

 

ニキビの症状には、4段階あるのを知っていますか?
ニキビの症状の4段階を知れば、ニキビ薬の「塗るタイミング」がわかりますよ!

 

 

ニキビの症状の4段階とは?

白ニキビ

ニキビの初期段階は、白ニキビです。
毛穴には、汚れや皮脂が詰まっていて、白くなっているのが特徴です。
この段階では、毛穴はふさがっているので炎症を起こしたり、アクネ菌が繁殖したりはしていません。

 

 

黒ニキビ

白ニキビから症状が悪化すると、黒ニキビになります。

 

白ニキビの時に毛穴に詰まっていた白い皮脂や汚れが、日が経つにつれて大きくなり毛穴から飛び出すと、飛び出した先が空気に触れて酸化し黒くなります
すると、ニキビは黒く見えるようになるので、黒ニキビというのです。

 

この段階でも、まだ炎症は起こっていませんが、毛穴が開いている状態なので雑菌が入り込む可能性が高く、そこからアクネ菌が繁殖して、炎症を起こすかもしれません。

 

 

赤ニキビ

黒ニキビから、さらに悪化すると、赤ニキビになります。
赤ニキビは、雑菌が入り込み、アクネ菌も繁殖しているために炎症を起こして赤くなっている状態です。
赤く腫れて痛みをともなうこともあります。

 

 

黄ニキビ

赤ニキビの炎症だけにとどまらず、膿が出るほどアクネ菌の繁殖が進むと、黄ニキビになります。
つまり、膿の色は少し黄色いため、黄ニキビというのです。

 

黄ニキビの段階になると、痛みだけでなく熱も持ち始めます。
何をしても治らないこともあるので、1日も早く病院に行くことです。

 

 

炎症が起こりはじめたらニキビ薬を使おう!

このように、ニキビの症状には4段階があるのですが、ニキビ薬を塗るのは、黒ニキビから赤ニキビになろうとしている段階です。

 

ニキビ薬には抗菌作用消炎作用があります。
雑菌が入るのを防いだり、炎症を抑えてくれるのがニキビ薬なので、赤ニキビになりそうな黒ニキビの段階で、ニキビ薬を使うといいですよ!

 

 

 

ニキビの時のスキンケア化粧品の効き目は?

ニキビケアのためのスキンケア化粧品はたくさんありますよね。
大人ニキビの場合は、十分な保湿ができるスキンケア化粧品がニキビケア化粧品として理想です。

 

ここでは、ニキビができてしまった時にスキンケア化粧品で治せるのか?を詳しくお話しします。

 

 

スキンケア化粧品でニキビは治る?

炎症が起こってしまった赤ニキビ、化膿した黄ニキビにはスキンケア化粧品は効果がありません。

 

大人ニキビケアのためのスキンケア化粧品の役割は「保湿」です。
普段からスキンケア化粧品で十分な保湿ができていれば、肌も乾燥しませんよね。

 

肌のターンオーバーが乱れて肌が乾燥するのが、大人ニキビの原因です。

 

乾燥を防げば、皮脂が異常に分泌されなくなるので、ニキビ予防にもなりますし、白ニキビや黒ニキビの段階なら治ることも多いです。
だからこそ、ニキビの初期段階では積極的にスキンケア化粧品を使った方がいいのです。

 

逆に、炎症が起こってからはスキンケア化粧品の成分の刺激でニキビが悪化することもあるので要注意です。
また、スキンケア化粧品は、炎症が起こってしまったニキビには効果がないのです。

 

 

炎症が起こってからの化粧品の成分に注意!

赤ニキビの段階からになると炎症が起こってしまっているので、スキンケア化粧品の成分にも気をつけなければいけません。
ここでは、炎症を悪化させる成分をご紹介します。

 

 

アルコール系の成分

アルコールやエタノール入りの化粧品は意外に多いです。

 

普段は、使っていてもなんともないかもしれませんが…炎症が起こっている皮膚には刺激が強く、余計に炎症を悪化させる可能性があります。

 

 

ピーリング系の成分

ピーリングとは、角質を取り除くことを言います。

 

炎症が起こっている皮膚の角質をはがすと、それが刺激になり炎症を悪化させます。

 

 

収れん系の成分

毛穴を引き締める効果がある収れん化粧水などにも、アルコールが含まれています。

 

アルコールの配合率も高いので、刺激により炎症が悪化します。

 

 

合成界面活性剤

合成界面活性剤は、普段からもできるだけ避けたい成分です。

 

界面活性剤は、水と油を融合させるのに不可欠な成分ですが、石油系で作られた合成界面活性剤には注意しましょう。
ニキビが炎症を起こしている時は、特に使用しないように注意するべきです。

 

 

ニキビ薬とスキンケア化粧品はどっちが先?

 

ニキビ薬とスキンケア化粧品の使用に順番はありません。
どっちが先、どっちが後という考え方ではなく、ニキビの症状によって使い分けをするのがベストです。

 

もう一度、それぞれの役割を見てみましょう。

 

ニキビ薬の役割

ニキビ薬は、炎症を起こしたり化膿しているニキビの症状をおさえるためにあります。

 

抗菌作用や消炎作用により、ニキビの症状が軽くなってきます。

 

スキンケア化粧品の役割

スキンケア化粧品の役割は、十分な保湿をして乾燥を防ぎ、ニキビができにくくて治りやすい肌にすることです。

 

炎症や化膿をおさえる効果は残念ながらありませんので、まだ炎症が起こっていないニキビのために、普段からのニキビ予防のために使います。

 

 

このように、ニキビ薬とスキンケア化粧品を使うタイミングを知って、ニキビの症状を見ながら臨機応変に対処できれば、素早くニキビの悪化を防げます。
それぞれの役割をちゃんと知って、正しく対策していきましょう!

実際に使って比較!ニキビ化粧品ランキング

ルナメアの特徴

フィアバースクラブで毛穴のつまりを優しく除去してくれる洗顔。

独自のナノ化技術によって毛穴の内部に有効成分と潤い成分を届けてくれる化粧水。

自然由来の成分がしっかりと保湿してくれるジェルクリーム。


独自技術の「アクネシューター」でニキビを撃退


これらの3点セットが1000円でお試しできます。


価格 1000円
評価 評価5
備考 満足度84%

パルクレールジェルの特徴

最近インスタなどのSNSで話題になり人気がグググーンと急上昇のオールインワンジェルです。 98.8%の美容成分配合で、「薬用」化粧品です。

定期便で申し込むとニキビをしっかりと隠すことができるカラーコントロールがついてきて、さらに49%OFFで購入できますよ。
数々の美容雑誌で1位を獲得し、有名人も使用中のパルクレールジェル。

ぜひお試しあれぇ。


価格 4,980円
評価 評価4.5
備考 永久返金保証書付き

ビーグレンの特徴

ドクターズコスメでお肌の角質層への浸透させる技術が凄いんです。

泡洗顔ではなく、クレイ(泥)洗顔で毛穴の汚れをしっかり吸着。

その後に高濃度ビタミンCをしっかり浸透させるからニキビケアにピッタリ。


ちょっと匂いが独特ですが、慣れれば問題無いです。


4点セットのトライアルが1,800円とちょっと高めですが、試してみる価値はありますよ。


価格 1800円
評価 評価4
備考 365日の返金保証


そのニキビケア間違ってますよ!

思春期ニキビと大人ニキビは違います!


間違ったケア方法をしていては、ニキビは繰り返し出来てしまいます。
もしかしたら、あなたのケア方法は間違っているかもしれません。

この機会に正しいケア方法をしって大人ニキビとさようならしてください。

→大人ニキビの正しいケア方法はこちら