油分はよくない?ニキビケアの乳液・クリームの選び方とは?

MENU

油分はよくない?ニキビケアの乳液・クリームの選び方とは?

皮脂が多くなると、油分が多い乳液やクリームを避けるようになりますよね。
しかし、乳液やクリームは保湿をする上で、とても重要なアイテムなのです。

 

「皮脂が多いのに、どうして保湿するの?」という疑問を抱く人も多いでしょう。
しかし、皮脂が多いからこそ保湿をしなければいけないのです。

 

ここでは、大人ニキビケアのために乳液とクリームの役割や必要性などを詳しくお話しします。

 

 

ニキビケアに乳液とクリームはいらないの?

 

「皮脂が多いからニキビがよくできるのに、乳液やクリームをつけると逆効果なのでは?」と考える人が多いようです。

 

でも、皮脂が多いのは、肌が乾燥しているからなんです。

 

つまり、保湿をしなければ、もっと皮脂が分泌されることになるのです!

 

 

乳液とクリームの役割

保湿の説明の前に、乳液とクリームの役割について理解しましょう。

 

乳液やクリームの前には、必ず化粧水で水分補給をしますよね?
化粧水だけで保湿は十分なはずなのに、乳液やクリームをするのは、化粧水で補給した水分の蒸発を防ぐためです。

 

化粧水だけではなく、美容液で保湿をする人も多いでしょう。
その場合も、乳液やクリームでしっかり仕上げをするのです。

 

乳液やクリームは、化粧水と違って水分ではなく油分でできています。
つまり、油分で肌を覆うことでフタができるので、化粧水や美容液で補った水分や美容成分が毛穴から蒸発できなくなるのです。

 

 

大人ニキビの原因は皮脂じゃない!

乳液やクリームは、肌の水分や潤い成分を蒸発させないためのフタ的な存在なのはわかっても…やっぱり皮脂が多くならないか心配ですよね。

 

でも、大丈夫なのです。
それは、大人ニキビのメカニズムを理解すれば納得できるはずです。

 

大人ニキビの原因は、肌のターンオーバーの乱れによる乾燥です。
何かの影響で肌のターンオーバー周期が乱れると、肌が乾燥しやすくなります。

 

その乾燥を防ぐために、異常に皮脂が分泌されるのです。
皮脂が多いのと、ターンオーバーの乱れによって肌の表面に古い角質が残るので、毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなり、ニキビができてしまいます。

 

その悪循環を防ぐために十分な保湿が必要なので、乳液やクリームの存在がかなり重要になるのです。

 

 

ニキビケアにオススメな乳液・クリームとは?

乳液やクリームには、いろんなタイプのものがあります。
含まれる成分も様々なので、選ぶ時に迷う人も多いですよね。

 

そんな人のために、ここでは大人ニキビケアに有効な乳液やクリームの選び方をご紹介します。

 

 

乳液・クリームに必要な成分

ニキビケアのための乳液やクリームを選ぶ際に、一番重要なのが含まれる成分です。
ここでは、大人ニキビケアに有効な成分をご紹介します。

 

 

セラミド

セラミドは肌の表面に近い「角質層」で水を抱え込んでいるスポンジのような保湿成分です。

 

セラミドが多いほど、水分を抱え込める量が増えるので潤いが増します。

 

年齢を重ねるごとにセラミドは減少していくので、補給しなければ保湿力はダウンしていく一方です。
大人ニキビケアにとって、かなり重要な保湿成分です。

 

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、セラミドが存在する角質層のもっと奥に存在する保水成分でムコ多糖類のひとつです。

 

ヒアルロン酸1gで6Lもの水分を抱え込める力をもっていて、コラーゲンやエラスチンとともに保湿をして肌のハリを保ってくれる成分です。

 

ヒアルロン酸も年齢とともに減少して、保水力がダウンしていくと乾燥を招きやすくなるので補給しなくてはいけません。

 

 

コラーゲン

ヒアルロン酸とともに肌の少し奥で、保湿のために頑張ってくれているのがコラーゲンです。
コラーゲンといえば、ハリ成分として有名なので保湿と結びつきにくいかもしれません。

 

コラーゲンとともにエラスチンやヒアルロン酸も同じ真皮層に存在しますが、コラーゲンはなんと真皮層の約7割を占めているのです。

 

年齢とともに減っていくコラーゲンを補給することで、ヒアルロン酸やエラスチンとバランスを取りながら保湿してくれるので、乾燥知らずの肌になれますよ!

 

 

保湿成分の正しい選び方

大人ニキビケアに必要な各成分が入った乳液やクリームを選ぶ時には、少し注意が必要です。
ここでは、各保湿成分の正しい見分け方についてお話しします。

 

 

セラミド

セラミドには実は種類があります。
乳液などによく使われているのが、「ヒト型セラミド」「植物性セラミド」「擬似セラミド」「ミルクセラミド」などです。

 

この4つの中で保湿力が高くて安全なのが、「ヒト型セラミド」です。

 

「ヒト型セラミド」は、酵母から作られている人間の肌に存在するセラミドに近いセラミドです。
そのために、肌への刺激も少なく馴染みやすいので、安全でありながら効果が高いのです。

 

 

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸には、高分子ヒアルロン酸と低分子ヒアルロン酸があります。
ヒアルロン酸は、もともと分子が大きいので、なかなか浸透してくれないのがデメリットです。

 

ですから、できるだけ分子が細かいヒアルロン酸が配合された乳液やクリームを選ばなければ、なかなか効果は得られません。

 

分子が細かいヒアルロン酸は「低分子ヒアルロン酸」といわれています。
低分子ヒアルロン酸は、テクスチャーはサラッとしていますが、肌にちゃんと浸透してくれるので安心です。

 

 

コラーゲン

コラーゲンにもいくつかの種類があり、「動物性コラーゲン」「海洋性コラーゲン」「植物性コラーゲン」の3つに分けられます。
この中で選んで欲しいのは「動物性コラーゲン」です。

 

「動物性コラーゲン」は牛や豚などから採取されたコラーゲンなので、人間のコラーゲンと性質がすごく似ています。

 

次に「海洋性コラーゲン」ですが、魚から採取したコラーゲンなので、「動物性コラーゲン」よりは効果は落ちますが、同じ動物のコラーゲンですから、それなりに効果があります。

 

最後に「植物性コラーゲン」ですが、植物には本来コラーゲンは存在しないので、コラーゲンと似た性質にはされていますが、コラーゲンではなく効果もそんなにありません

 

さらに、人間の肌とも相性があまり良くないので、人によっては肌荒れを起こすこともあります

 

 

ニキビケア効果が上がる乳液・クリームの塗り方とは?

 

ニキビケアのための乳液やクリームが決まったら、効果的な塗り方をマスターして、徹底したニキビケアをしましょう!

 

効果的な乳液・クリームの塗り方

 

1. 化粧水や美容液をしっかり肌に浸透させます
2. だいたい10円玉くらいの量の乳液かクリームを手に出します。
3. もう片方の手でかぶせて乳液・クリームを温めます。
4. 指に乳液・クリームを少しとって、頬や額、アゴなどのUゾーンに塗ります。
5. Uゾーン以外の部分に残りの乳液・クリームを塗って、顔全体をやさしくゆっくりと両手でパッティングします。

 

このように正しい手順で乳液・クリームを塗ると、保湿力もグンと上がってスペシャルな大人ニキビケアができます。

 

 

いかがでしたか?
保湿の仕上げとして重要な乳液・クリームを有効に使って、大人ニキビができない肌を作り上げていきましょう。

実際に使って比較!ニキビ化粧品ランキング

ルナメアの特徴

フィアバースクラブで毛穴のつまりを優しく除去してくれる洗顔。

独自のナノ化技術によって毛穴の内部に有効成分と潤い成分を届けてくれる化粧水。

自然由来の成分がしっかりと保湿してくれるジェルクリーム。


独自技術の「アクネシューター」でニキビを撃退


これらの3点セットが1000円でお試しできます。


価格 1000円
評価 評価5
備考 満足度84%

パルクレールジェルの特徴

最近インスタなどのSNSで話題になり人気がグググーンと急上昇のオールインワンジェルです。 98.8%の美容成分配合で、「薬用」化粧品です。

定期便で申し込むとニキビをしっかりと隠すことができるカラーコントロールがついてきて、さらに49%OFFで購入できますよ。
数々の美容雑誌で1位を獲得し、有名人も使用中のパルクレールジェル。

ぜひお試しあれぇ。


価格 4,980円
評価 評価4.5
備考 永久返金保証書付き

ビーグレンの特徴

ドクターズコスメでお肌の角質層への浸透させる技術が凄いんです。

泡洗顔ではなく、クレイ(泥)洗顔で毛穴の汚れをしっかり吸着。

その後に高濃度ビタミンCをしっかり浸透させるからニキビケアにピッタリ。


ちょっと匂いが独特ですが、慣れれば問題無いです。


4点セットのトライアルが1,800円とちょっと高めですが、試してみる価値はありますよ。


価格 1800円
評価 評価4
備考 365日の返金保証


そのニキビケア間違ってますよ!

思春期ニキビと大人ニキビは違います!


間違ったケア方法をしていては、ニキビは繰り返し出来てしまいます。
もしかしたら、あなたのケア方法は間違っているかもしれません。

この機会に正しいケア方法をしって大人ニキビとさようならしてください。

→大人ニキビの正しいケア方法はこちら