保湿が大事?しつこいお尻のニキビの原因と対策

MENU

一度お尻にニキビができると、かなりしつこくて治りにくくないですか?
治ったと思ったら、また同じところにできてしまったり…
しつこいお尻ニキビには、ちゃんと原因があります。

 

原因をきちんと理解すれば、確実な対策もできるはずですよね!
ここでは、お尻ニキビの対策方法を詳しくお話しします。

 

 

どうしてお尻にニキビができるの?

 

なぜ、お尻ばかりにニキビができるのか?
それには、ちゃんとした原因があるはずなのです。

 

意外に、お尻ニキビの原因をつかめていない人が多いんですよね。
だからこそ、繰り返してしまうのかもしれません。

 

ここでは、お尻ニキビの原因をご紹介します。

 

 

皮脂腺が多く皮膚が薄い

デコルテや背中と同じで、お尻も皮脂腺が多いのにもかかわらず、皮膚が薄いパーツなのです。

 

ニキビができるのは、皮脂や汚れが毛穴に詰まってアクネ菌が繁殖するからです。

 

皮脂腺が多い分、皮脂分泌量も多いのがお尻です。
その上、皮膚が薄いので乾燥しやすく、乾燥を防ぐためにさらに皮脂が分泌されることも多いのです。

 

 

蒸れやすい

皮脂腺が多く、皮脂分泌量も多いのに、お尻は座るときに体重がかかったり、下着の素材の影響などで蒸れやすいのです。

 

それによって雑菌が繁殖しやすく、毛穴に皮脂が詰まってしまうと、瞬く間に炎症を起こしたりとニキビが悪化しやすいのです。

 

 

下着の摩擦

お尻はずっと下着をつけている上に、歩くときはよく動き、座るときは体重がかかったりなどで刺激を受けやすいパーツでもあります。

 

下着の摩擦や体重で圧迫されたりすることで、刺激を受けやすいためニキビができやすいのです。

 

 

洗いすぎによる乾燥

お尻は清潔に保たなければと思うほど、念入りにゴシゴシと洗ってしまいますよね?
ナイロン製などのボディタオルや合成界面活性剤が入ったボディソープを使って、毎日ゴシゴシと洗い続けていると、肌が傷んでバリア機能が低下します。

 

すると、さらに皮膚が薄くなり保湿力が低下して、乾燥しやすくなるのです。
乾燥が続くと、乾燥を防ぐために皮脂の分泌が促進されます。

 

すると、ニキビができやすくなるのです。

 

 

 

生活習慣や食生活の乱れ

生活習慣や食生活の乱れにより、肌のターンオーバーがうまくいかなかったり、皮膚を作るための栄養素が不足していると、古い角質が残りニキビができやすい状態になります。
特にお尻はニキビができやすい条件が揃っているパーツなので、生活習慣や食生活の乱れの影響が出やすいのです。

 

 

お尻ニキビの対策

 

お尻ニキビの原因を知ったら、今度はその原因に基づいて、正しく対策していくだけです。

 

ここでは、お尻ニキビの対策方法をご紹介します。

 

 

生活習慣を整える

生活習慣を整えて、質のいい睡眠を心がけることで、ニキビはできにくくなります。

 

質のいい睡眠は成長ホルモンの分泌を増やして、肌のターンオーバーを促進してくれます。

 

 

食生活を整える

ビタミンやミネラル、たんぱく質など、肌を正常に保つための栄養素をバランスよく摂ることでニキビは劇的に減ります。

 

ビタミンAやB群、C、コラーゲンやたんぱく質などをしっかり摂ってニキビができない肌を作っていきましょう!

 

 

保湿を心がける

皮膚が薄いお尻は、何もしていなければ乾燥していく一方です。
その上、バリア機能も低いのですから保湿しなければ、乾燥や刺激により、いつニキビができてもおかしくない状態になります。

 

保湿クリームで保湿したり、保湿効果があるボディソープに変えるなどして、お尻の肌の潤いを保つように心がけましょう!

 

 

下着の素材に注目する

下着の素材は綿がベストです。
綿なら肌触りもよく通気性もあるので、ニキビ予防ができます。

 

ポリエステルやナイロン系の素材が含まれた下着は、摩擦による刺激も強く、蒸れやすく不衛生です。

 

美しいお尻を保つためにも、綿100%素材の下着に変えましょう。

 

 

 

お尻ニキビのための保湿クリームの選び方

お尻ニキビケアのための保湿クリーム選びには少しコツが必要です。
間違った選び方をして、余計にニキビを悪化させないためにも、選び方のポイントを押さえておきましょう!

 

 

サラッとしたジェルタイプがおすすめ!

お尻の保湿に使うクリームは、油分たっぷりのベタつくテクスチャーのものではなく、サラッとしたテクスチャーのものを選びましょう。

 

パーツがお尻なだけに、ベタつくのも不快です。
また、蒸れやすく皮脂もたまりやすいパーツなのに、ベタつく油性の保湿クリームを塗ると、余計にニキビの原因を作ります。

 

皮脂と油分が混ざり合って毛穴に詰まりやすくなることで、ニキビを増やさないように注意しましょう。

 

化粧水のような浸透力のある保湿クリームがおすすめです。

 

 

ニキビが炎症している時の保湿クリームは?

ニキビがすでに炎症を起こしてひどくなっている時は、次の成分が入った保湿クリームでニキビケアをしましょう!

 

グリチルリチン酸ジカリウム

炎症を抑える消炎効果がある成分です。
名前だけ見ていると、すごく刺激がありそうな成分に思えてきますが、漢方の原料としても使われる甘草という植物の根から採れる成分です。

 

ニキビ薬にも使われることが多く、消炎効果がある成分として有名です。

 

 

サリチル酸
サリチル酸は植物オイルから採れる天然の成分です。
角質を柔らかくする効果があり、さらには、すでに毛穴に詰まっている皮脂や汚れを取り除いてくれる効果もあります。

 

強くはありませんが抗菌作用もあるので、アクネ菌の繁殖を抑えてくれます。

 

 

お尻ニキビ予防に効果的な成分は?

毎日のニキビケアに役立つのは、次の保湿成分です。
大人のお尻ニキビケアに最適な保湿成分が配合された保湿クリームを選んで、しっかり対策をしましょう!

 

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は保水力を高めてくれる成分です。
肌の奥の真皮層でコラーゲンやエラスチンとともに潤いを保つために存在しています。

 

ヒアルロン酸は1gで6Lもの水分を抱え込めるほどの保水力を持っています。
乾燥しやすいお尻にぴったりな保湿成分です。

 

 

コラーゲン

ニキビケアにコラーゲンは不可欠です。

 

コラーゲンは皮膚細胞同士をうまく結びつけるために存在する網状の成分です。
細胞と細胞がうまく結びついているからこそ、保湿力もキープできるのですが、コラーゲン不足で細胞間の結びつきがうまくいかなくなると保湿力がダウンします。

 

コラーゲンもしっかり摂れば保湿力が上がるので必須ですよ!

 

 

プラセンタ

プラセンタに含まれる成長因子には、細胞の働きを活性化することで新陳代謝をアップする働きがあります。
新陳代謝が活発になると、肌のターンオーバーも促進されて保湿できる肌になります。

 

 

いかがでしたか?

 

繰り返すお尻ニキビの対策方法をしっかりつかんで、美しいお尻をキープしましょう。
ニキビ跡を作ってしまわないように要注意ですよ!

実際に使って比較!ニキビ化粧品ランキング

ルナメアの特徴

フィアバースクラブで毛穴のつまりを優しく除去してくれる洗顔。

独自のナノ化技術によって毛穴の内部に有効成分と潤い成分を届けてくれる化粧水。

自然由来の成分がしっかりと保湿してくれるジェルクリーム。


独自技術の「アクネシューター」でニキビを撃退


これらの3点セットが1000円でお試しできます。


価格 1000円
評価 評価5
備考 満足度84%

パルクレールジェルの特徴

最近インスタなどのSNSで話題になり人気がグググーンと急上昇のオールインワンジェルです。 98.8%の美容成分配合で、「薬用」化粧品です。

定期便で申し込むとニキビをしっかりと隠すことができるカラーコントロールがついてきて、さらに49%OFFで購入できますよ。
数々の美容雑誌で1位を獲得し、有名人も使用中のパルクレールジェル。

ぜひお試しあれぇ。


価格 4,980円
評価 評価4.5
備考 永久返金保証書付き

ビーグレンの特徴

ドクターズコスメでお肌の角質層への浸透させる技術が凄いんです。

泡洗顔ではなく、クレイ(泥)洗顔で毛穴の汚れをしっかり吸着。

その後に高濃度ビタミンCをしっかり浸透させるからニキビケアにピッタリ。


ちょっと匂いが独特ですが、慣れれば問題無いです。


4点セットのトライアルが1,800円とちょっと高めですが、試してみる価値はありますよ。


価格 1800円
評価 評価4
備考 365日の返金保証


そのニキビケア間違ってますよ!

思春期ニキビと大人ニキビは違います!


間違ったケア方法をしていては、ニキビは繰り返し出来てしまいます。
もしかしたら、あなたのケア方法は間違っているかもしれません。

この機会に正しいケア方法をしって大人ニキビとさようならしてください。

→大人ニキビの正しいケア方法はこちら