生理中に出来る大人ニキビの対処方

MENU

生理中に出来る大人ニキビの対処方

私は年に何回か生理や排卵の周期の際に、顎や鼻の近くの頬、髪の生え際などにニキビが出来てしまうことがあります。

 

ほとんどのニキビは、出来初めには赤く炎症していて、翌日には乾燥して硬くなっていることが多いです。

 

 

ニキビができると軽いかゆみか傷みがあり、気になってつい触ってしまいます。見た目も気になってしまうので、できるといつも気分が落ち込んでしまいました。

 

そこで、ニキビに悩んだ私はネットで自分のニキビの原因を調べてみることにしました。

 

生理中にできるニキビの原因

色々ネットで調べたところ、私の場合は2つの原因があることがわかりました。

 

まず一つ目は、お肌の乾燥です。
乾燥によって肌の角質が厚くなり、その結果毛穴が詰まってしまうそうです。毛穴が詰まることによってニキビができやすくなり、アクネ菌が繁殖しやすくなる。とのことでした。

 

そしてふたつ目は、生理中や排卵期に女性ホルモンのエストロゲン(肌のうるおいを保つ働き)とプロステロン(皮脂分泌の促進)のバランスが狂ってしまうことです。

 

生理などの周期の時にはなぜか油っこいものや、ジャンクフードが無性に食べたくなってしまいます。

 

普段気を付けて食べないようにしているのにポテトチップやファーストフードなどをついつい口にしてしまい、お肌をきれいに保つためのビタミンやミネラル、食物繊維が足りなくなってしまうことが多くあるようです。

 

それでは次に、私がしてきたニキビ対処法をご紹介していきます。

 

 

〔ニキビができた時の対処方法〕

@ニキビビが出来てしまった時には、まずはジャンクフードを断って野菜がたっぷりで胃にやさしいスープを作って食べることにしています。

 

 

きちんとした栄養補給をした上で生理中の眠気にまかせてよく眠ると、翌日にはニキビの炎症は治まり小さくなっていることが多いです。

 

 

Aお肌の乾燥を防ぐために、洗顔は特に気をつけて行っています。

 

クレンジングミルクをメイクに馴染ませてからコットンで拭き取り、その後はぬるま湯で流すだけにします。
これはお肌に負担をかけず、やさしくメイクを落とすことで乾燥を防げるのではないかと考えたからです。

 

 

肌本来の保湿成分が根こそぎ剥がされてしまう合成界面活性剤の配合された洗顔料で泡立ち洗顔は絶対にNGだと思います。

 

Bメイクを落としてぬるま湯洗顔が終わったあとは清潔なタオルをやはり優しく押さえるようにあてて(ゴシゴシ動かしません)水気を拭き取ます。
その後すぐに化粧水とクリームかミルクで保湿します。

 

 

化粧水やクリームなどの基礎化粧品も大人ニキビ用のものを使っています。
ニキビの炎症が治まるのとその後消えるまでの期間がとても短く済んでいるような気がします。

 

このようなことに気をつけてからは、ニキビもできなくなり、鏡を見て落ち込むこともなくなりました。


実際に使って比較!ニキビ化粧品ランキング

ルナメアの特徴

フィアバースクラブで毛穴のつまりを優しく除去してくれる洗顔。

独自のナノ化技術によって毛穴の内部に有効成分と潤い成分を届けてくれる化粧水。

自然由来の成分がしっかりと保湿してくれるジェルクリーム。


独自技術の「アクネシューター」でニキビを撃退


これらの3点セットが1000円でお試しできます。


価格 1000円
評価 評価5
備考 満足度84%

パルクレールジェルの特徴

最近インスタなどのSNSで話題になり人気がグググーンと急上昇のオールインワンジェルです。 98.8%の美容成分配合で、「薬用」化粧品です。

定期便で申し込むとニキビをしっかりと隠すことができるカラーコントロールがついてきて、さらに49%OFFで購入できますよ。
数々の美容雑誌で1位を獲得し、有名人も使用中のパルクレールジェル。

ぜひお試しあれぇ。


価格 4,980円
評価 評価4.5
備考 永久返金保証書付き

ビーグレンの特徴

ドクターズコスメでお肌の角質層への浸透させる技術が凄いんです。

泡洗顔ではなく、クレイ(泥)洗顔で毛穴の汚れをしっかり吸着。

その後に高濃度ビタミンCをしっかり浸透させるからニキビケアにピッタリ。


ちょっと匂いが独特ですが、慣れれば問題無いです。


4点セットのトライアルが1,800円とちょっと高めですが、試してみる価値はありますよ。


価格 1800円
評価 評価4
備考 365日の返金保証


そのニキビケア間違ってますよ!

思春期ニキビと大人ニキビは違います!


間違ったケア方法をしていては、ニキビは繰り返し出来てしまいます。
もしかしたら、あなたのケア方法は間違っているかもしれません。

この機会に正しいケア方法をしって大人ニキビとさようならしてください。

→大人ニキビの正しいケア方法はこちら