意外と間違っている!大人ニキビのための洗顔方法とは?

MENU

意外と間違っている!大人ニキビのための洗顔方法とは?

ニキビが出来た時、どんな洗顔をしていますか?
ニキビケアのための洗顔には、少しコツが必要なのです。

 

間違った洗顔をしていると、余計にニキビが悪化することもあります。
ニキビが悪化しないように、1日も早くニキビが治るように、ここではニキビケアのための洗顔についてお話しします。

 

 

洗顔でニキビケアできるの?

 

洗顔でニキビケアなんてできないと思い込んでませんか?
だって洗顔料は、ニキビ薬でもなくスキンケア化粧品でもないんですからニキビケア効果があるとは考えにくいですよね。

 

けれども、洗顔で肌が変わるのは確実です。
それによってニキビの治りの早さも変わります。

 

また、ニキビがある時は注意しなくてはいけないポイントがいくつかあります。
そのポイントを守れば、ニキビを早く治せます。

 

 

洗顔はスキンケアの基本です!

 

クレンジングと洗顔は、スキンケアの基本です。
クレンジングと洗顔がちゃんとできていなければ、どれだけ高価な化粧水や乳液、美容液などを使っていても効果が出ません。

 

クレンジングと洗顔で汚れを落とせば、毛穴がすっきりして、化粧水や乳液、美容液の成分が浸透しやすくなります。

 

また、毛穴に詰まっていた皮脂も落ちるので、できかけていたニキビの予防にもなるのです。

 

美肌になるための基本は洗顔だと言ってもいいくらい、洗顔はほんとに大事なのです。

 

 

方法を間違えるとニキビの悪化にも…

 

洗顔はスキンケアの基本なので、方法を間違えると肌荒れの原因になったり、ニキビを悪化させたりもするのです。

 

毎日の洗顔方法は間違っていませんか?
いい加減に洗っても、ゴシゴシ洗いすぎてもニキビを悪化させてしまいます。

 

今後のニキビケアのためにも、正しい洗顔方法を身につけませんか?

 

 

ニキビケアのための正しい洗顔とは?

 

それでは、正しい洗顔方法をお話ししていきますね。
方法の説明に入る前に、まず気をつけるべきポイントを見ていきましょう。

 

無意識のうちにやってしまっているNG洗顔もあるかもしれません。
もう一度、自分の洗顔方法を見直してみましょう。

 

 

気をつけるポイント

 

  • ぬるま湯で洗うこと。冷たすぎる水や熱すぎるお湯で洗うと肌に刺激を与えてしまいます。特に熱いお湯は、必要な皮脂まで落としてしまうので要注意です。
  • できるだけたくさんの泡で洗うこと。泡がないと摩擦で肌に刺激を与えることになります。
  • 優しく長い時間洗うこと。2分以上がベストです。
  • 顔をタオルで拭くときは擦るのではなく押さえるようにして拭くこと。
  • 洗顔は朝と夜で1日2回すること。2回以下や2回以上はNGです。
  • 朝の洗顔は、クレンジングは不要です。肌が弱い人は洗顔料なしでもOKです。
  • 夜の洗顔は、メイクを落とさなければいけないのでクレンジングと洗顔のW洗顔をすること

 

 

 

ニキビケアのための洗顔方法

 

大人ニキビの原因に多い乾燥肌
肌を乾燥させる原因に「間違った洗顔」があります。
最大の間違いは、こすりすぎていることです。

 

乾燥肌になると、乾燥を守ろうとして皮脂が多く分泌されるようになります。
その皮脂を落とそうとして、ゴシゴシ擦るような洗顔になってしまうのです。

 

正しい洗顔方法を知って、ニキビケアをしていきましょう。

1.顔を洗い始める前に、手を洗います。不潔な手で洗顔をすると肌荒れの原因になることがあります。

 

2.毛穴を開かせるために肌を温めます。ぬるま湯で顔をゆすぐか、ホットタオルで顔を覆いましょう。ぬるま湯の温度は、体温より少し低いくらいがベストです。だいたい32度から35度ほどです。
3.洗顔料を手で泡立てます。なかなか泡立たないのなら、泡立てネットを使うと便利です。少し水を加えると泡が立ちやすくなりますよ!

 

4.泡をまずTゾーンに乗せます。Tゾーンとはおでこと鼻です。皮脂が出やすい場所ですね。

 

5.乗せた泡を手で優しくクルクルと小さな円を描くようにしてTゾーンだけを洗います。

 

6.Tゾーンの泡と手に残っている泡を、少しずつ顔全体に広げていきます。広げたら、頬と顎をクルクルと小さな円を描くようにして洗います。

 

7.最後に目や口の周りの皮膚が薄い部分を円を描くように同じ要領で洗います。

 

8.ぬるま湯で泡を洗い流します。泡が残らないようにしっかり洗い流しましょう。

 

9.タオルを顔に押し当てるようにして、水分を取ります。決して擦らないように気をつけましょう。

 

このようにニキビケアのための洗顔方法にはコツがあります。
優しく汚れを落とす洗顔が理想です。

 

正しい洗顔を積み重ねることで、ニキビができても治りやすい、ニキビが悪化しにくい肌になりますよ!

 

 

ニキビケアのための洗顔料選びポイント

 

ニキビケアのためには、洗顔料選びも大事です。
大人ニキビを悪化させず、改善していく成分が入った洗顔料を選びましょう。

 

ここでは、大人ニキビのための洗顔料選びのポイントをお話しします。

 

 

洗浄力が強力ではないか?

 

「ニキビをなくすためには、洗浄力がある洗顔料でなければ!」と思い込んでいませんか?
洗浄力がありすぎると刺激が強く、必要な皮脂や保湿成分まで落として乾燥肌を引き起こしてしまいます。

 

思春期のときは、成長段階の皮脂分泌によりニキビができますが、大人ニキビの原因は乾燥肌やホルモンバランスの乱れによる皮脂分泌が多いです。

 

ただでさえ、乾燥しやすい肌なのに洗浄力が強い洗顔料で毎日顔を洗い続けると大変です。

 

洗顔料を買うときは成分表を必ずチェックしましょう。
次の成分には要注意です。

 

・PEG(ポリオキシエチレングリコール)-4
・ラウリル硫酸ナトリウム
・ココイルイセチオンナトリウム
・ポリソルベト

 

 

保湿成分は含まれているか?

 

「洗顔料に保湿成分なんていらない!」
「あんまりベタついても困るし…。」
なんて思ってませんか?

 

大人ニキビを予防&改善するためには保湿が大事です。
化粧水や乳液での保湿はもちろんですが、洗顔料にも保湿成分が入っていれば、洗いながら保湿ができます。

 

保湿成分にもいろいろありますが、次のような成分が入っている洗顔料がオススメです。

 

・ヒアルロン酸
・セラミド
・コラーゲン
・プラセンタ
・ローヤルゼリー

 

 

抗炎症成分は配合されている?

 

ニキビができてしまっても、炎症が起こらないようにするか、炎症が起こっても、できるだけ早く治るようにしたいですよね。
その対策のためにも抗炎症成分が入った洗顔料がおすすめです。

 

 

よく配合されているのが、肌に優しいのにステロイド並みに抗炎症作用がある「グリチルリチン酸ジカリウム」です。
甘草という植物から採られている成分で、天然なので安心です。

 

いかがでしたか?
ニキビを作らせない肌を目指して、正しい洗顔方法と洗顔料選びで対策していきましょう。

実際に使って比較!ニキビ化粧品ランキング

ルナメアの特徴

フィアバースクラブで毛穴のつまりを優しく除去してくれる洗顔。

独自のナノ化技術によって毛穴の内部に有効成分と潤い成分を届けてくれる化粧水。

自然由来の成分がしっかりと保湿してくれるジェルクリーム。


独自技術の「アクネシューター」でニキビを撃退


これらの3点セットが1000円でお試しできます。


価格 1000円
評価 評価5
備考 満足度84%

パルクレールジェルの特徴

最近インスタなどのSNSで話題になり人気がグググーンと急上昇のオールインワンジェルです。 98.8%の美容成分配合で、「薬用」化粧品です。

定期便で申し込むとニキビをしっかりと隠すことができるカラーコントロールがついてきて、さらに49%OFFで購入できますよ。
数々の美容雑誌で1位を獲得し、有名人も使用中のパルクレールジェル。

ぜひお試しあれぇ。


価格 4,980円
評価 評価4.5
備考 永久返金保証書付き

ビーグレンの特徴

ドクターズコスメでお肌の角質層への浸透させる技術が凄いんです。

泡洗顔ではなく、クレイ(泥)洗顔で毛穴の汚れをしっかり吸着。

その後に高濃度ビタミンCをしっかり浸透させるからニキビケアにピッタリ。


ちょっと匂いが独特ですが、慣れれば問題無いです。


4点セットのトライアルが1,800円とちょっと高めですが、試してみる価値はありますよ。


価格 1800円
評価 評価4
備考 365日の返金保証


そのニキビケア間違ってますよ!

思春期ニキビと大人ニキビは違います!


間違ったケア方法をしていては、ニキビは繰り返し出来てしまいます。
もしかしたら、あなたのケア方法は間違っているかもしれません。

この機会に正しいケア方法をしって大人ニキビとさようならしてください。

→大人ニキビの正しいケア方法はこちら