ニキビはうつるの?うつらないための対策とは?

MENU

ニキビはうつるの?うつらないための対策とは?

「ニキビがうつるわけない!」なんて思っている人は要注意です。
ニキビは絶対にうつらないとは限りません。

 

アクネ菌や黄色ブドウ球菌が存在している限り、感染の恐れもあるかもしれないのです。

 

ここでは、ニキビ感染の可能性についてお話しします。

 

 

ニキビはうつる可能性も?!

十割生そばの通販

「ニキビはうつる可能性もある。」と聞いて驚く人も多いでしょう。
つまり、友達のニキビを他人事だと思って軽く考えていたら、自分も出来てしまった…なんてこともあるかもしれないのです。

 

ここでは、ニキビがうつるメカニズムについて探っていきましょう。

 

 

ニキビは誰もがうつるわけではない!

 

ニキビがうつる可能性は確かにあるのですが、誰にでもうつるわけではなありません
実は、ニキビがうつるかうつらないかは、その人によって違うのです。

 

考えてみれば、風邪もそうですね。
風邪をひいている友達といても、うつる人とうつらない人がいます。
つまり、免疫力がそこに関係しているのです。

 

ニキビの場合は、免疫力だけではなく、その時の肌のターンオーバー状態や肌の状態が関係してきます。

 

 

ニキビがうつるメカニズム

 

ニキビには4段階あります。
白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビです。

 

白ニキビ、黒ニキビの間は、まだ感染の心配はありません。
しかし、赤ニキビや黄ニキビになると、アクネ菌が発生しますから、この菌たちを通じて、感染する恐れがあります。

 

誰かのニキビを触ったり、同じタオルを使ったりしているうちに、繁殖しているアクネ菌が自分の肌にも付着して感染することもあります。

 

人からうつらなくても、自分で自分にうつすこともあります。
例えば、ファンデーションのスポンジです。

 

ニキビがある時に使っていたスポンジにアクネ菌がついたままになっていたら…。
その後、ニキビが治っても、同じスポンジを使ってファンデーションを塗ったら、スポンジからアクネ菌が毛穴に侵入してニキビの原因になることもあります。

 

 

ニキビがうつる人の特徴

 

アクネ菌が肌に付着したからといって、すべての人がニキビになるわけではありません。
感染する人には実は特徴があるのです。

 

・生活が不規則
・ストレスが多い
・保湿がちゃんとできていない
・食事が偏っている

 

このように「ニキビがうつる人」には4つの特徴があります。
生活が不規則で睡眠不足になると、肌のターンオーバーを正常にする成長ホルモンがちゃんと分泌されないので、ニキビができやすい肌になります。
また、不規則な生活を送っているとストレスが溜まりやすくなります。
ストレスが多くなると、女性ホルモンの中にあるアンドロゲンという男性ホルモンがストレスから守るために働きます。
すると、皮脂腺が刺激されて、いつもよりも多く皮脂が分泌されるのです。

 

また、スキンケアで保湿がちゃんとできていないと乾燥肌になります。
乾燥した肌を潤わせるために、いつもより皮脂が分泌されます。
脂っこい食事やビタミン、ミネラルをあまり摂らない食生活でも皮脂分泌が多くなります。

 

皮脂はアクネ菌の大好物です。
皮脂が多いと、アクネ菌はどんどん繁殖してニキビを悪化させます。
そんな肌にアクネ菌がうつったらどうなるか?だいたい想像がつきますよね?

 

この4つの特徴は、すべて「皮脂が多くなる行為」です。

 

ニキビに感染したくなければ、普段から皮脂が多くなりすぎないように気をつけるべきですね。
感染というと、免疫力の低下ばかりを考える人が多いですが、ニキビの場合は皮脂の分泌量も大きく関わっているのです。

 

 

ニキビ感染を防ぐ方法

 

ニキビ感染を防ぎたいのなら、乾燥しない肌にすることです。
肌がほどよく潤っていれば、皮脂が多く分泌される心配もありません。

 

ここでは、乾燥を防いでニキビを予防する方法を3つご紹介します。

 

 

スキンケアで十分に保湿する

 

乾燥を防ぐためには、やっぱりスキンケアでの保湿が重要です。
保湿方法も大事ですが、保湿効果がある成分が入った化粧品を選ぶことも大事です。

 

  • セラミド

セラミドはもともと人間の肌の角質層にある保湿成分です。
生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、加齢によってもセラミドはだんだん減っていきます。

 

セラミドは肌をほどよく潤わせるために、水分を抱え込んで保湿してくれるスポンジのような成分です。
セラミドが減ると保湿力もダウンして、保湿しているのになかなか潤わない肌になります。

 

そんなセラミドを化粧品で補給しませんか?
なかなか肌が潤わないという人には、セラミド配合のスキンケア化粧品がおすすめです。

 

  • ヒアルロン酸

ヒアルロン酸も肌にもともと存在する保水成分です。
主に肌の水分を抱え込んで保水してくれるヒアルロン酸も、生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、加齢で減っていきます。

 

ヒアルロン酸は1gで6Lもの水分を抱え込んで肌の潤いをキープしてくれます。
肌の大切な保湿&弾力成分であるコラーゲンやエラスチンもしっかり守ってくれますよ!

 

 

  • アミノ酸

アミノ酸もかなり大切な保湿成分です。
しかし、アミノ酸と言ってもあまりピンと来ないのかもしれませんね。

 

肌の表面側の角質層にはセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が存在しますが、その角質細胞の中にあるNMFという天然保湿因子はアミノ酸から出来ています。
また、保湿には欠かせないコラーゲンやエラスチンもアミノ酸からできているのです、

 

つまりアミノ酸が不足すると、保湿成分が形成されにくくなるので、アミノ酸の補給もすごく大事なのです。

 

この3つの保湿成分が配合されたスキンケア化粧品を使って十分な保湿を心がければ、ニキビ感染にも強くなります。

 

 

肌が潤う食事をする

 

肌の乾燥を防ぐには、食生活も大事です。
肌を潤わせるビタミンをちゃんと摂っていますか?

 

  • ビタミンB群

生活習慣やストレスなどで肌のターンオーバーが乱れそうになっても、普段からビタミンB群を摂っていれば大丈夫です。
ビタミンB群には、肌のターンオーバーを正常にしてくれる作用があります。
「豚肉」「レバー」「うなぎ」「サンマ」「あさり」などを積極的に食べましょう。

 

  • ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成を促して、肌の潤いや弾力をキープしてくれます。
またストレスにも強くなるので、男性ホルモンのアンドロゲンによる皮脂分泌も防げます。
「キウイフルーツ」「レモン」「いちご」「キャベツ」などを積極的に食べましょう。

 

  • ビタミンE

血流を促進して新陳代謝を活発にして、肌のターンオーバーを促してくれるのがビタミンEです。
また女性ホルモンのエストロゲンの分泌も促してくれるので乾燥肌を防げます。

 

「アボガド」「アーモンド」「卵」「豆腐」などを積極的に食べるようにしましょう。

 

 

成長ホルモンを分泌する

 

食生活の他に、睡眠時間や睡眠の質もすごく大事です。
睡眠中に分泌される成長ホルモンは、肌のターンオーバーを正常に保ち、保湿成分の働きを活性化するので、乾燥肌を防げます。
睡眠時間は短くても6時間は取るようにして、熟睡できるように心がけましょう。

 

 

いかがでしたか?
大人になると毎日が忙しくて、当たり前の対策がなかなかできなくなります。
ニキビ感染を心配するのなら、まず自分の肌を強くすることですね!

実際に使って比較!ニキビ化粧品ランキング

ルナメアの特徴

フィアバースクラブで毛穴のつまりを優しく除去してくれる洗顔。

独自のナノ化技術によって毛穴の内部に有効成分と潤い成分を届けてくれる化粧水。

自然由来の成分がしっかりと保湿してくれるジェルクリーム。


独自技術の「アクネシューター」でニキビを撃退


これらの3点セットが1000円でお試しできます。


価格 1000円
評価 評価5
備考 満足度84%

パルクレールジェルの特徴

最近インスタなどのSNSで話題になり人気がグググーンと急上昇のオールインワンジェルです。 98.8%の美容成分配合で、「薬用」化粧品です。

定期便で申し込むとニキビをしっかりと隠すことができるカラーコントロールがついてきて、さらに49%OFFで購入できますよ。
数々の美容雑誌で1位を獲得し、有名人も使用中のパルクレールジェル。

ぜひお試しあれぇ。


価格 4,980円
評価 評価4.5
備考 永久返金保証書付き

ビーグレンの特徴

ドクターズコスメでお肌の角質層への浸透させる技術が凄いんです。

泡洗顔ではなく、クレイ(泥)洗顔で毛穴の汚れをしっかり吸着。

その後に高濃度ビタミンCをしっかり浸透させるからニキビケアにピッタリ。


ちょっと匂いが独特ですが、慣れれば問題無いです。


4点セットのトライアルが1,800円とちょっと高めですが、試してみる価値はありますよ。


価格 1800円
評価 評価4
備考 365日の返金保証


そのニキビケア間違ってますよ!

思春期ニキビと大人ニキビは違います!


間違ったケア方法をしていては、ニキビは繰り返し出来てしまいます。
もしかしたら、あなたのケア方法は間違っているかもしれません。

この機会に正しいケア方法をしって大人ニキビとさようならしてください。

→大人ニキビの正しいケア方法はこちら